クラリス錠200、クラリス錠50小児用・ドライシロップ10%小児用

基礎疾患、合併症、重症度及び手術の有無等背景別の副作用発現頻度

1) 一般感染症(クラリスロマイシン使用成績調査)

① 基礎疾患(使用疾患)別副作用発現頻度

○成人

疾 患 名解析対象症例数副作用発現症例数
(%)
表在性皮膚感染症3391(0.30)
深在性皮膚感染症58710(1.70)
リンパ管・リンパ節炎821(1.22)
慢性膿皮症5548(1.44)
外傷・熱傷及び手術創等の二次感染8364(0.48)
呼吸器感染症8,72752(0.60)
尿道炎1,0345(0.48)
子宮頸管炎1,1839(0.76)
耳鼻科領域感染症1,80522(1.22)
歯科口腔外科領域感染症1,16411(0.95)
感染性腸炎260
肛門周囲膿瘍390

○小児

疾 患 名解析対象症例数副作用発現症例数
(%)
表在性皮膚感染症240
深在性皮膚感染症430
リンパ管・リンパ節炎280
慢性膿皮症540
外傷・熱傷及び手術創等の二次感染680
呼吸器感染症5,04648(0.95)
感染性腸炎810
耳鼻科領域感染症4793(0.63)
猩紅熱760
百日咳291(3.45)
② 合併症有無別副作用発現頻度

成人小児合計
症例数副作用発現
症例数(%)
症例数副作用発現
症例数(%)
症例数副作用発現
症例数(%)
合併症無12,90286(0.67)5,00824(0.48)17,910110(0.61)
合併症有3,99042(1.05)1,05630(2.84)5,04672(1.43)
不明又は未記載51(20.00)30
81(12.50)
③ 合併症種類別副作用発現頻度

成人小児合計
症例数副作用発現
症例数(%)
症例数副作用発現
症例数(%)
症例数副作用発現
症例数(%)
感染症及び寄生虫3027(2.32)392(5.13)3419(2.64)
内分泌、栄養、代謝疾患・免疫障害5576(1.08)272(7.41)5848(1.37)
循環器系の疾患1,29813(1.00)201(5.00)1,31814(1.06)
呼吸器系の疾患1,01414(1.38)6809(1.32)1,69423(1.36)
消化器系の疾患5576(1.08)270
5846(1.03)
泌尿生殖系の疾患1572(1.27)440
2012(1.00)
皮膚及び皮下組織の疾患1702(1.18)451(2.22)2153(1.40)
その他1,02110(0.98)2524(1.59)1,27314(1.10)
④ 投与前重症度別副作用発現頻度

成人小児合計
症例数副作用発現
症例数(%)
症例数副作用発現
症例数(%)
症例数副作用発現
症例数(%)
軽度6,27435(0.56)2,17011(0.51)8,44446(0.54)
中等度8,49874(0.87)3,43038(1.11)11,928112(0.94)
高度65711(1.67)2124(1.89)86915(1.73)
不明又は未記載1,4689(0.61)2551(0.39)1,72310(0.58)
⑤ 肝疾患、腎疾患患者の副作用発現頻度

成人小児
症例数副作用発現
症例数(%)
症例数副作用発現
症例数(%)
肝疾患合併症例4256(1.41)413(7.32)
腎疾患合併症例1531(0.65)290

 

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ

このサイトをご利用いただくための注意事項です。必ずお読みください。

このサイトは、国内の医師・歯科医師・薬剤師等の医療関係者を対象に、医療用医薬品や医療機器等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
医療用医薬品や医療機器は、患者さま独自の判断で使用(服用など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。使用(服用など)している医療用医薬品や医療機器について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。