リーマス錠100・200

基礎疾患、合併症、重症度及び手術の有無等背景別の副作用発現頻度

1)性・年令別


症 例 数 副作用発現例数 副作用発現率(%)
性別 男235334114.5
   女216728813.3
年令


  ~19才1642615.9
 20~29才89913815.4
 30~39才122814912.1
 40~49才97112212.6
 50~59才79911214.0
 60~69才3806216.3
 70~79才711723.9
 80~ 才10110.0

2)調査期間平均投与量別

投与量(mg)
 
~ 200~ 400~ 600~ 800~12001200~
症例数916572,01191577978
副作用発現例数76421613817133
副作用発現率7.7%9.7%10.7%15.1%22.0%42.3%

3) 併用薬の有無別


な   しあ   り合   計
症例数4704,0694,539
副作用発現症例40
(8.5%)
589
(14.5%)
629


あなたは医療関係者ですか?

はい

医療関係者(医師・薬剤師等)ログイン

ご登録いただきますと会員向けコンテンツがご利用いただけます。
ご利用には、medパスIDが必要となります。
medパスに関する詳しいご紹介はこちら

会員登録されない方は以下の項目から該当する職種をお選びのうえお進みください。

いいえ

医療関係者以外の方はこれより先のページの閲覧はご遠慮いただいております。
大正製薬の企業サイトへ移動します。

コーポレートサイトへ
このサイトをご利用いただくための注意事項です。必ずお読みください。

このサイトは、国内の医師・歯科医師・薬剤師等の医療関係者を対象に、医療用医薬品や医療機器等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
医療用医薬品や医療機器は、患者さま独自の判断で使用(服用など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。使用(服用など)している医療用医薬品や医療機器について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。