コンテンツライブラリー

  • 領域から探す
  • 製品から探す

領域から絞り込み

エビデンスから絞り込み

リセット

製品から絞り込み

エビデンスから絞り込み

リセット

NEWナノゾラ®オートインジェクター3つのポイント [ 約2分 ]製品紹介

2024年1月、「ナノゾラ®皮下注」に、オートインジェクター製剤が新たに加わることになりました。
「ナノゾラ®オートインジェクター」は、患者さんやそのご家族の使いやすさに配慮したデバイスです。今回は、オートインジェクターの3つのポイント、「使いやすい形状」「簡単な操作」「安全に使用するための配慮」について、3DCGの動画でご紹介いたします。

  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

NEWナノゾラ®皮下注 自己注射のためのガイド オートインジェクター [ 約13分 ]製品紹介

ナノゾラ®皮下注オートインジェクターを自己注射される患者さんおよびご家族の方に正しく安全に使用していただくための手順とポイントをご紹介します。

  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

NEWナノゾラ®皮下注 自己注射のためのガイド シリンジ補助具 [ 約14分 ]製品紹介

補助具を使ってナノゾラ®皮下注シリンジを自己注射される患者さんおよびご家族の方に正しく安全に使用していただくための手順とポイントをご紹介します。

  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

NEWナノゾラ®皮下注 自己注射のためのガイド シリンジ [ 約12分 ]製品紹介

ナノゾラ®皮下注シリンジを自己注射される患者さんおよびご家族の方に正しく安全に使用していただくための手順とポイントをご紹介します。

  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ 市販直後調査報告製品紹介

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジについて、市販直後調査期間(2022年12月1日~2023年5月31日)に収集された副作用をご紹介します。

  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
記事を読む

2型糖尿病におけるルセオグリフロジンと
    DPP-4阻害薬に関する検討 “ J-SELECT study ” [ 約7分 ]製品紹介

糖尿病治療の目標は、糖尿病のない人と変わらない寿命・QOLの実現ですが、さまざまな合併症や併存症により生命予後の悪化が問題視されています。
本動画では、2型糖尿病におけるルセオグリフロジンとDPP-4阻害薬について、実臨床で容易に測定できる検査項目を用いて検討を行った「J-SELECT study」をご紹介します。

医療法人社団 弘健会
菅原医院
院長
菅原 正弘 先生
  • 糖尿病
  • ルセフィ
  • 糖尿病エビデンス
  • ルセフィ エビデンス
視聴はこちら

奈良宣言2023 肝臓を守ろう!-奈良宣言2023発出の意義- [ 約2分 ]疾患啓発

慢性肝臓病(Chronic Liver Disease:CLD)の予防を目的とし、2023年6月に奈良県で行われた「第59回日本肝臓学会総会」にて発信されました「奈良宣言2023」について、ご紹介します。

奈良県立医科大学
消化器・代謝内科
教授
𠮷治 仁志 先生
  • 糖尿病
  • ルセフィ
視聴はこちら

奈良宣言2023 肝臓を守ろう!-ALT>30という基準の意味- [ 約3分 ]疾患啓発

慢性肝臓病(Chronic Liver Disease:CLD)の予防を目的とし、2023年6月に奈良県で行われた「第59回日本肝臓学会総会」にて発信されました「奈良宣言2023」について、ご紹介します。

埼玉医科大学
消化器内科・肝臓内科
教授
持田 智 先生
  • 糖尿病
  • ルセフィ
視聴はこちら

奈良宣言2023 肝臓を守ろう!-専門医への紹介基準やポイント- [ 約2分 ]疾患啓発

慢性肝臓病(Chronic Liver Disease:CLD)の予防を目的とし、2023年6月に奈良県で行われた「第59回日本肝臓学会総会」にて発信されました「奈良宣言2023」について、ご紹介します。

大阪大学大学院医学系研究科
消化器内科学
教授
竹原 徹郎 先生
  • 糖尿病
  • ルセフィ
視聴はこちら

ルセオグリフロジンおよびシタグリプチンの投与順の比較試験 [ 約5分 ]製品紹介

2型糖尿病における薬剤の投与順や選択順について、「ルセオグリフロジンおよびシタグリプチンの投与順の比較試験」のデータを用いて、ご紹介します。

横浜市立大学大学院医学研究科
分子内分泌・糖尿病内科学
教授
寺内 康夫 先生
  • 糖尿病
  • ルセフィ
  • 糖尿病エビデンス
  • ルセフィ エビデンス
視聴はこちら

ナノボディ®分子の創薬とオゾラリズマブ[ 約7分 ]製品紹介

現在、従来の抗体医薬品では達成できない新たな機能を付与した次世代抗体医薬品の研究開発が進められています。
今回の動画では、次世代抗体医薬品の中でも注目されている「ナノボディ®分子」と、その成功例として抗ヒトTNFαナノボディ®分子を有する「オゾラリズマブ」についてご紹介します。

国立大学法人鹿児島大学大学院
理工学研究科
教授
伊東 祐二 先生
  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

新規TNFα阻害薬「ナノゾラ®」の臨床成績
-主観的・客観的評価項目の両面から-[ 約10分 ]製品紹介

新規TNFα阻害薬「ナノゾラ®」について、MTX治療で効果不十分な関節リウマチ患者を対象として行った国内第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験「OHZORA trial」の結果を、客観的評価項目を含めてご紹介します。

国立病院機構名古屋医療センター
統括診療部手術部長
整形外科医長
小嶋 俊久 先生
  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

ナノボディ®製剤「ナノゾラ®」の血漿中薬物濃度と有効性[ 約9分 ]製品紹介

日本初のナノボディ®製剤「ナノゾラ®」について、MTX治療で効果不十分な関節リウマチ患者を対象として行った国内第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験「OHZORA trial」の結果から、ナノゾラの有効性と薬物動態のデータをご紹介します。

慶應義塾大学医学部
リウマチ・膠原病内科学教室 教授
金子 祐子 先生
  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

新規TNFα阻害薬「ナノゾラ®」の薬物動態と臨床成績[ 約7分 ]製品紹介

新規TNFα阻害薬「ナノゾラ®」について、MTX治療で効果不十分な関節リウマチ患者を対象として行った国内第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験「OHZORA trial」の結果から、薬物動態と臨床成績をご紹介します。

東京大学大学院医学系研究科
内科学専攻 アレルギーリウマチ学 准教授
庄田 宏文 先生
  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

オゾラリズマブの炎症部位への移行性 -関節炎モデルマウスでの検討- [ 約7分 ]製品紹介

オゾラリズマブは、一般的なIgG抗体と比較して分子量が小さく、また血清アルブミンへの結合部位を有しています。
これらがオゾラリズマブの炎症部位への移行性などにどのような影響を及ぼすのかを明らかにするため、関節炎モデルマウスを用いて検討を行いました。本動画では、検討結果を実験映像でご紹介します。

大阪大学大学院 医学系研究科
器官制御外科学(整形外科) 准教授
蛯名 耕介 先生
  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

ビオフェルミン錠剤・ビオフェルミン散剤開発物語 [ 約7分 ]製品紹介

100年以上にわたるビオフェルミン製薬の歴史をお伝えするとともに、ビオフェルミン錠剤・散剤に含有されるビフィズス菌 Bifidobacterium bifidum G9-1(BBG9-1)について、その製剤化するまでの過程を含めご紹介します。

  • 腸内細菌
  • ビオフェルミン
視聴はこちら

それでいい?手袋をつけるとき [ 約3分 ]スタッフ向け研修

こんなことありませんか? 手袋をつけるときの「あるある」をご紹介し、わかりやすく解説いたします。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

それでいい?手袋の装着中 [ 約4分 ]スタッフ向け研修

こんなことありませんか? 手袋装着中の「あるある」をご紹介し、わかりやすく解説いたします。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

それでいい?手袋を外すとき [ 約2分 ]スタッフ向け研修

こんなことありませんか? 手袋を外すときの注意点の一つの例をお示しし、解説していきます。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

関節リウマチ診療ガイドライン2020と新規TNFα阻害薬「ナノゾラ®」[ 約9分 ]製品紹介

関節リウマチ診療ガイドライン2020の治療方針のポイントと、ガイドラインにおけるTNF阻害薬の位置付けおよび新規TNFα阻害薬「ナノゾラ®」についてご紹介します。

京都府立医科大学 大学院医学研究科
免疫内科学 病院教授
川人 豊 先生
  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

VHH抗体(ナノボディ®)の概要と医療応用の可能性[ 約7分 ]製品紹介

ナノゾラは、VHH抗体(ナノボディ®)構造を有する、次世代型抗体医薬品です。本動画では、VHH抗体の概要およびその応用例である国内初のナノボディ®製剤「ナノゾラ®」について、抗体工学の視点よりご紹介します。

東京大学大学院工学系研究科
バイオエンジニアリング専攻 教授
津本 浩平 先生
  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

ナノゾラの安全性と有効性(NATSUZORA trial~ 52週)[ 約5分 ]製品紹介

ナノゾラについて、メトトレキサート(MTX)非併用の関節リウマチ患者を対象として行った、国内第III相臨床試験NATSUZORA trialの52週時までの結果を詳しくご紹介します。

ナノゾラ治験・医学専門家
産業医科大学医学部第1内科学講座 教授
田中 良哉 先生
  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

ナノゾラの有効性と安全性(OHZORA trial~ 52週)[ 約9分 ]製品紹介

ナノゾラについて、ナノボディ®を有するという構造的特徴と、メトトレキサート(MTX)治療で効果不十分な関節リウマチ患者を対象として行った国内第II/III相臨床試験OHZORA trialの52週時までの結果を詳しくご紹介します。

ナノゾラ治験・医学専門家
産業医科大学医学部第1内科学講座 教授
田中 良哉 先生
  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

オゾラリズマブの有効性と安全性(OHZORA trial~ 24週)[ 約7分 ]製品紹介

日本初のナノボディ®製剤であるTNFα阻害薬オゾラリズマブが2022年9月に製造販売承認を取得しました。国内第II/III相臨床試験(~24週)-OHZORA trial-についてご紹介します。

オゾラリズマブ治験・医学専門家
埼玉医科大学 学長
慶應義塾大学 名誉教授
竹内 勤 先生
  • 関節リウマチ
  • ナノゾラ
視聴はこちら

糖尿病専門医の視点でみるNAFLD/NASHの診断と治療 [ 約5分 ]疾患啓発

糖尿病診療においては、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)/非アルコール性脂肪肝炎(NASH)のリスクに十分留意する必要があります。この動画では、糖尿病専門医の視点から、糖尿病と肝臓の関連、消化器専門医との連携について解説していきます。

国立国際医療研究センター研究所
糖尿病研究センター長
植木 浩二郎 先生
  • 糖尿病
  • ルセフィ
視聴はこちら

2型糖尿病がある人の心理と行動に着目した患者エンゲージメント疾患啓発

治療継続率・服薬実施率不良は、2型糖尿病がある人における血糖マネジメント低下の理由の1つです。治療行動不良への介入のヒントをご紹介いたします。

新潟薬科大学
薬学部 教授
富永 佳子 先生
  • 糖尿病
  • ルセフィ
記事を読む

ロコアテープ特定使用成績調査 [ 約8分 ]製品紹介

特定使用成績調査におけるロコアテープの安全性および有効性をご紹介します。

帝京大学医学部
整形外科学講座 教授
中川 匠 先生
  • 運動器疾患
  • ロコア
視聴はこちら

ルセフィODフィルム [ 約6分 ]製品紹介

2型糖尿病治療剤「ルセフィ」ブランドに、SGLT2阻害剤として世界で初めてのODフィルム製剤「ルセフィODフィルム2.5mg」が加わりました。この動画では、服薬アドヒアランス向上を目指して開発された、ルセフィODフィルムの特徴についてご紹介します。

  • 糖尿病
  • ルセフィ
視聴はこちら

糖尿病と食事療法 [ 約9分 ]疾患啓発

食事療法は糖尿病治療の基本ですが、食に対する価値観や食品・食習慣・食環境は多様化し、食事のアドバイスにおいても、より柔軟に患者の病態や嗜好性に対応することも必要とされています。この動画では、食事療法の概要や新しいエビデンス、アドバイスのコツなどについて、わかりやすく解説します。

京都府立医科大学 大学院医学研究科
内分泌・代謝内科学 教授
福井 道明 先生
  • 糖尿病
  • ルセフィ
視聴はこちら

抗菌薬による腸内菌叢攪乱に対するビフィズス菌(BBG9-1)の影響[ 約6分 ]製品紹介

腸内菌叢にビオフェルミン錠剤が与える影響とは?
抗菌薬による腸内菌叢攪乱に対して、ビオフェルミン錠剤に含有するビフィズス菌(BBG9-1)がどのように影響するのかを検討した、2つの動物モデル研究報告をご紹介します。

国際医療福祉大学医学部
感染症学講座 主任教授
松本 哲哉 先生
  • 腸内細菌
  • ビオフェルミン
視聴はこちら

標準予防策 はじめの一歩 [ 約3分 ]スタッフ向け研修

標準予防策って?感染リスクの考え方を分かりやすく解説いたします。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

感染経路別予防策 はじめの一歩 [ 約7分 ]スタッフ向け研修

感染経路別予防策って何?基礎から分かりやすく解説いたします。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

医療の現場でその手洗い? [ 約6分 ]スタッフ向け研修

医療従事者における日常の手洗いの「あるある」をご紹介し、解説していきます。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

アルコール手指消毒薬の“効果”を考える [ 約6分 ]スタッフ向け研修

アルコール手指消毒の効果について詳しく説明いたします。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

OARSIガイドラインにみる変形性膝関節症に対する非手術的管理 [ 約8分 ]疾患啓発

変形性関節症に特化した国際学会であるOARSIが、2019年に発表した変形性膝関節症の保存療法に関するガイドラインを紹介します。

大阪保健医療大学保健医療学部 教授
大阪大学国際医工情報センター 招聘教授
中村 憲正 先生
  • 運動器疾患
  • ロコア
視聴はこちら

早期変形性膝関節症の病態と早期診断 [ 約6分 ]疾患啓発

近年注目されている早期変形性膝関節症の病態や、順天堂大学でのバイオマーカーによる早期診断法の研究について紹介します。

順天堂大学大学院医学研究科
整形外科・運動器医学 主任教授
石島 旨章 先生
  • 運動器疾患
  • ロコア
視聴はこちら

糖尿病と脂肪肝① [ 約6分 ]疾患啓発

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、病態がほとんど進行しない非アルコール性脂肪肝(NAFL)と、進行性で肝硬変や肝癌の発症母地にもなる非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に分類されます。この動画では、NAFLD/NASHの診断や治療について解説していきます。

横浜市立大学大学院医学研究科
肝胆膵消化器病学教室 主任教授
中島 淳 先生
  • 糖尿病
  • ルセフィ
視聴はこちら

糖尿病と脂肪肝② [ 約8分 ]疾患啓発

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、病態がほとんど進行しない非アルコール性脂肪肝(NAFL)と、進行性で肝硬変や肝癌の発症母地にもなる非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に分類されます。この動画では、NAFLD/NASHの診断や治療について解説していきます。

横浜市立大学大学院医学研究科
肝胆膵消化器病学教室 主任教授
中島 淳 先生
  • 糖尿病
  • ルセフィ
視聴はこちら

糖尿病と肥満 [ 約7分 ]疾患啓発

肥満がもたらす健康障害は多岐にわたりますが、その一つが糖尿病です。この動画では、肥満症への生活習慣介入や早期の治療介入の重要性について、データをもとに紹介。また、肥満が糖尿病を起こすメカニズムや肥満を伴う糖尿病への対応についても解説していきます。

虎の門病院院長
門脇 孝 先生
  • 糖尿病
  • ルセフィ
視聴はこちら

顕微鏡で迫る!『肺炎マイコプラズマ感染症』[ 約5分 ]製品紹介

気道障害には、炎症が関与。実験映像から「肺炎マイコプラズマ」の病態形成をご紹介致します。

札幌せき・ぜんそく アレルギーセンター理事長
田中 裕士 先生
  • 感染症
  • クラリス
視聴はこちら

顕微鏡で迫る!『百日咳』[ 約4分 ]製品紹介

百日咳の咳はなぜ長引くのか。実験映像からわかる「百日咳」の感染メカニズムをご紹介致します。

東邦大学 医学部
微生物・感染症学講座 教授
舘田 一博 先生
  • 感染症
  • クラリス
視聴はこちら

顕微鏡で迫る!『非結核性抗酸菌症』[ 約6分 ]製品紹介

細胞内に潜む非結核性抗酸菌。実験映像を踏まえ「非結核性抗酸菌症」の感染様式をご紹介致します。

琉球大学大学院医学研究科
感染症・呼吸器・消化器内科学講座(第一内科)教授
藤田 次郎 先生
  • 感染症
  • クラリス
視聴はこちら

多職種連携①プロローグ [ 約2分 ]スタッフ向け研修

多職種におけるスムーズな連携のためには適切なコミュニケーションが重要です。コミュニケーションの基本をご紹介する研修用動画です。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

多職種連携②効果的なコミュニケーション [ 約4分 ]スタッフ向け研修

多職種におけるスムーズな連携のためには適切なコミュニケーションが重要です。コミュニケーションの基本をご紹介する研修用動画です。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

多職種連携③2回チャレンジルールを 活用しましょう [ 約4分 ]スタッフ向け研修

多職種におけるスムーズな連携のためには適切なコミュニケーションが重要です。コミュニケーションの基本をご紹介する研修用動画です。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

多職種連携④チームワーク悪化の原因は? [ 約6分 ]スタッフ向け研修

多職種におけるスムーズな連携のためには適切なコミュニケーションが重要です。コミュニケーションの基本をご紹介する研修用動画です。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

多職種連携⑤さまざまな職種で医療は 成り立っている! [ 約4分 ]スタッフ向け研修

多職種におけるスムーズな連携のためには適切なコミュニケーションが重要です。コミュニケーションの基本をご紹介する研修用動画です。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

多職種連携⑥他職種とのコミュニケーションのコツ [ 約5分 ]スタッフ向け研修

多職種におけるスムーズな連携のためには適切なコミュニケーションが重要です。コミュニケーションの基本をご紹介する研修用動画です。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら

多職種連携⑦リーダーシップ:3つの型 [ 約6分 ]スタッフ向け研修

多職種におけるスムーズな連携のためには適切なコミュニケーションが重要です。コミュニケーションの基本をご紹介する研修用動画です。

  • 感染対策・医療安全
視聴はこちら


あなたは医療関係者ですか?

はい

医療関係者(医師・薬剤師等)ログイン

ご登録いただきますと会員向けコンテンツがご利用いただけます。
ご利用には、medパスIDが必要となります。
medパスに関する詳しいご紹介はこちら

会員登録されない方は以下の項目から該当する職種をお選びのうえお進みください。

いいえ

医療関係者以外の方はこれより先のページの閲覧はご遠慮いただいております。
大正製薬の企業サイトへ移動します。

コーポレートサイトへ
このサイトをご利用いただくための注意事項です。必ずお読みください。

このサイトは、国内の医師・歯科医師・薬剤師等の医療関係者を対象に、医療用医薬品や医療機器等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
医療用医薬品や医療機器は、患者さま独自の判断で使用(服用など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。使用(服用など)している医療用医薬品や医療機器について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。